「ほっ」と。キャンペーン

みずたまの伝言

懐かしの洋菓子店「エス・ワイル」物語

日本から持って帰ってもらった本を熟読しております。中でもこの「乙女の東京」はレトロで懐かしい東京のお店や食べ物が一杯詰まってます。
a0235705_4415569.jpg

レトロといえば、神田あたりはまだまだ昔のお店が残っているようで、この本の中でも何軒か神田周辺の昔ながらのお店が紹介されています。例えば、この近江屋洋菓子店。
a0235705_4433194.jpg

昭和レトロブームで、最近はこのお店も多くのメディアで取り上げられているように思います。学生の頃は御茶ノ水の予備校に通っていたので、その周囲をよくうろうろしていた私にとっても神田神保町は思い出深いところです。殆ど名前も忘れちゃったけど、この近江屋洋菓子店や柏水堂など、行ってないはずはないお店です。でも、あれ、もうひとつ、神保町へ行けば必ず寄っていた洋菓子のお店があったんだけど。。。どうしても名前が思い出せず、ググッてみました。そうです!「エス・ワイル」。ここもなかなかレトロな店構えでババロアがめちゃ美味しかった。社会人になってからも、この近くへ行くと必ず買って帰ってましたっけ。どうもお菓子に対する半端ないこだわり方からして、由緒ありそうな感じがしてはいました。

a0235705_11125752.jpg

当時の写真。ああ、そうだった。こんな感じだったかしらね。華麗とは言い難い、その当時ならどこにでもありそうな地味なお店でした。店内は、私が買っていた頃はもっとひなびた感じだったと思います。(写真は神保町喫茶店マップからお借りしました)
ところがググッていくうちに、このお店、凄いお店だったことが分かってきました。

1927年横浜ホテルニューグランドができた当時の初代総料理長、サリー・ワイル氏の下でベーカリーシェフを務めた大谷長吉氏が開業したお店だったんです。知らなかった~。ワイル氏は日本に初めて本格フレンチを紹介したことでも有名で、弟子にはホテルオークラの総料理長を務めた小野正吉氏を始め、数々の名シェフが名を連らねている。
それこそ、日本では初めての外国人料理長の教えを受けるべく、その後の日本料理界を代表する名だたる人達がきら星のごとくワイルの下に集結したのでした。そして、師匠のニックネームを店名にしたこの「エス・ワイル」も、日本の洋菓子界を担う数々の巨星を育ててきたのでした。じゃじゃーん、ウィキに書かれているこれらの話を読んだ時は胸が高鳴りました。まるで梁山泊だ!ホント、テレビのスペシャルドラマ「エス・ワイル物語」になりそう。
a0235705_5193100.jpg
左がサリー・ワイル氏。
そんな老舗洋菓子店なのですが、数年前に後楽園の近くに引っ越していたのでした。どうりで最初に神田、洋菓子店でググッても探せなかったんだ。更に規模を小さくし、こじんまりと、それでも伝統の味を守りながら、経営されていたのです。。。名物のモンブランは和栗の取れる数カ月しか作らず、800円くらいしたらしい。でもそれに見合う本物のお味だったとか。(あの頃一回でも食べておけばよかったよ~。後の祭り)ケーキの上に乗せる生クリームはケーキがお客さんに渡される直前まで絞らないという徹底ぶりだった。ところが、去年2011年夏ごろになんと
閉店とあいなったそうなんです。ああ、とっても残念!あと少し、あと少し頑張っていれば、この昭和レトロブームを追い風に復活できたんじゃないでしょうか。そう思うファンも多いらしく、惜しむ声が聞かれます。またしても東京の文化がひとつ、失われた気がします。またあの生クリームたっぷりのババロア食べたいです!
*******************

明日から、仕事開始です。ああ、お休みも終わっちゃったよ~。
でもまた元気だして、お仕事頑張りマス~♫ また少し更新が遠のいたらごめんなさいね~(^^ゞ

あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-01-04 05:47 | 食べ物 | Comments(8)
Commented by natsutyn at 2012-01-04 14:15
凄いーー!
そのお店にそんなバックグラウンドがあるなんて
お店を見ただけでは思いもよらないですよねえ。
さすが東京下町。
歴史があるんだなあ...。
本に載ってる写真の洋菓子たちも
昔ながらの風貌がなんともいとおしいです...。
Commented by 水玉 at 2012-01-04 23:07 x
natsutynさん♪
昔ながらのお店がなくなっていくのは
寂しいですね~。
自分の思い出が一緒になくなっちゃうような
気がしましたよ。
特にこんな歴史があるようなところなら
なおさらですね(T_T)
伝統の味を守っていくと時代遅れになったりするし、
のれんを守るのって難しいことなんですね~。
昭和レトロブームで救われるお店が沢山できるといいんですが❤
Commented by yuko-pyrex at 2012-01-05 20:16
エス・ワイルは神保町にあったのですか?
閉店は残念でしたね。。。
娘の会社の東京本社が神保町にあるので最近神保町に目覚めました。
「はじめての神保町」という本もあり「乙女の東京」みたいで楽しい本ですよ。水玉さんには懐かしいかもわかりませんね!
お茶の水から神保町にたらたら歩くの楽しいですね。
お茶の水には結婚式を挙げた教会とホテルがあって懐かしい場所です。
近江屋洋菓子店ばかりひいきにしていました。残念でした!

Commented by 水玉 at 2012-01-06 12:09 x
エス・ワイルは神保町の古書街というより小川町の
古臭い商店街にあったので目立たなかったんだと思いますよ。

お嬢さんの会社、神保町なんですね!
周りに一杯レトロなお店があって楽しそう!
御茶ノ水、ホント懐かしいです。ニコライ堂、その近くにあった
ぴか一ラーメン、レモン画翆。。。
ユーミンも同じ予備校だったらしいんですが、「卒業写真」に出てくる
「話しかけるように揺れる柳の下を通った道さえ今はもう電車から見るだけ」と
歌われている場所は御茶ノ水だそうで
この歌を聞くたびに御茶ノ水の風景と当時の事を思い出します❤
結婚式を挙げられたのなら、本当に想い出の場所ですね!
Commented by 小笠原陶子 at 2013-08-24 06:21 x
懐かしいエス・ワイルをググったら、こちらのブログに遭遇いたしました。素敵な記事をありがとうございます。
Commented by mizutama_report at 2013-08-24 16:28
小笠原さま

こんにちは。
エスワイルがなくなって、非常に寂しく思っています。
ああいうお店こそ、ずっと残っていて欲しかったです。
またあのマロンシャンテリーやババロアを食べてみたいですね。
食べ物は、その味とともに当時の思い出まで記憶されているようで
そういう意味でも思い出が消えてしまったような気持ちになりますね。
Commented by tohnishi at 2016-04-10 16:33 x
mizutama3さま
なつかしいS.Weilの記事と写真をありがとうございます。ここのババロアは,いちばん好きな洋菓子のひとつでした。値段もとても良心的だった記憶があります。でも,後楽園の店にはとうとう行けずじまいでした。
この店を知った当時(1964年の東京オリンピックのすぐあとです)お茶の水駅の近く,たしか赤煉瓦のビル地階にあったそばとうどんの店(名前が思い出せません)で胡麻そばやしっぽくうどんを食べて本屋を覗き,そのあとS.Weilまで足を伸ばしたものです。
Commented by mizutama_report at 2016-04-18 04:47
tohnishiさま
本当に懐かしいですね。私も御茶ノ水に通っていたことがあり、レモン画翆、ニコライ堂、ぴか一ラーメン、名前は忘れたけれどぱりぱりの円形パンを出してくれた駿河台の喫茶店などなど、なにせこの一帯は懐かしさに溢れていますね。