みずたまの伝言

わたしのキルト

先日、フィードサックなどの沢山の布と共に自分の赤ちゃん時代のおくるみの布までをも大切に持っていらっしゃるらめさんのブログを拝見し、ああ、そう言えば、自分も赤ちゃんの時に使ったベビーブランケットを持っていたなあ、と思いだしました。
中学生の時に、既にぼろぼろだったそのブランケットを見つけて、何とか綺麗に再生させたいと、パッチワークでカバーを作りました。でもその当時はパッチワークも今ほど盛んではなく、その上、子供だったから綺麗な布を探すということすら頭になく、仮に探してもそれを買う資金もなく、やみくもに見よう見まねで家にあった洋服の端切れを使って、何となくパッチワークってこういうもの?みたいな感じで作りました。今考えても、短気で手芸や裁縫があまり好きでない私が良く作ったなと思います。

実家に置いてきたんですが、子供が生まれる時に、使おうと持って帰ってきました。確か、息子のブランケットに1-2年は使っていたと思います。でも、あり合わせの布と勘だけで作ったブランケットは全く評価されず、色味もデザインも仕立てもがたがたで、誰も素敵~と言ってくれなかったので、そのうち、使わなくなってしまいました。そして今回気付いた時は行方不明状態!何てことでしょう!私は自分の歴史を投げ出してしまったのです。あわてて屋根裏を探し、やっと見つけました~!ホッ(^^♪
これがそれです!あんまりお見せするようなものではありませんが。。。何しろ、「これ、私の赤ちゃんの頃のもので・・・」と話しても、あ、そう、みたいな感じで誰も興味持ってくれなかったものですので。。
a0235705_942893.jpg

黒い布はコットンではなかったようで、そこだけ縮んで周りもツレてしまってます。もう端もボロボロです。でもひとつひとつの布に思い出があります。私の洋服の端切ればかりでなく、母親の洋服の端切れも沢山入っていて、ああ、お母さん、こんなワンピース着てたな、なんて思い出が蘇ります。
a0235705_947485.jpg

今度こそは、デザインも布も一番気に入ったものを使って、思う存分綺麗なカバーを作り直してみたいんですが、このカバーもこれはこれで、私には思い出深いもの。。悩ましいな~とちょっと考え中です。いずれにせよ、どうにかして息子に引き渡したいな。息子の子供がまた使ってくれたら、こんなに嬉しいことはないですね!

このキルトと一緒に、昔買ったヴィン物の布やバリのアンティークの布も出て来ました。
a0235705_100359.jpg

上の布はアイオワ州にいた頃に買ったものです。テーブルクロスなど随分しみもありました。
下はバリ島の布。一時期、ハマってました。
a0235705_1053265.jpg

すっかり忘れていました!らめさんのマネをして、スーツケースに保管しました~✿ これからは使わないとね♫



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-01-25 10:58 | わたし