みずたまの伝言

ラッセル・ライトの食器-シンプルの美

1940年代にそれまで高級とされていた食器類を一般大衆にまで広げた工業デザイナーのラッセル・ライトはミッドセンチュリーの代表格といえるでしょう。ごてごてしていた食器デザインも彼にかかると恐ろしくシンプルで実用に富んだものになりました。一時、キャンベルスープの広告の中のお皿に使われたことがあり、それで爆発的な人気が出て、お店に長蛇の列ができたこともあるそうです。ラッセル・ライトと聞くと何だかドキドキします。
a0235705_147525.jpg

これはイロコイスと呼ばれるシリーズ。本当にオーソドックスな形のコーヒーカップですが、スリフトの中で見つけた時は遠くからでも異彩を放って見えました。何でもない形なんですが「何かが違う」のです。何なんだ、、これは!とひっくり返したら、ラッセル・ライトだったんです。
a0235705_1472378.jpg

バックスタンプです。カップのほうはスタンプが付いていないものもありました。
a0235705_1474611.jpg

彼は数多くの作品を残しているので、ビッグネームにもかかわらず、食器群は現在でも入手できる価格で取引されているようです。こんなにシンプルなのに、この器には雰囲気がありますね。そこが凄いところです。ラッセル・ライトのピッチャーも持っているのでそれも、そのうちアップしますね。
a0235705_148730.jpg

*************
孤高の天才医師が活躍する「House」がファイナルを迎えるようです。日本でもやってましたよね?タイムズスクエアにこんな大きな広告が。このシリーズ、よく見ていました。主役のヒュー・ローリーが良かったわ。シーズン8まであったのね。途中からちょっと飽きちゃったんだけど、最初は夢中でした。 5月21日夜8時FOXにて放送だそうです(NY地域)。見てみようと思います。
a0235705_1483019.jpg



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-05-19 14:57 | ミッドセンチュリー