みずたまの伝言

サビサビのチリトリとトニー賞受賞Once観劇

この前フリマで買ったサビサビのチリトリ。やっぱり錆びついていても、使い込まれていても、味があるものには惹かれてしまいます。こういうものはピカピカな背景に置いたのではうまく表現できないと思い、ガレージの一角で撮りました。う~ん、でもまだまだ背景をラスティックな感じにすべきだったな。
a0235705_1022811.jpg

ほら、結構可愛いでしょ。これ、ちょっとポーチのお掃除する時なんかに使えるし。
a0235705_10225473.jpg

-------------------------------------
昨日、今年のトニー賞を8つも取ったミュージカルOnceを見に行きました。音楽が素敵と聞いて、絶対見たかったんですが、なかなかチケットが取れなかったのです。(あ、格安券ね)。暮れかかった劇場街を歩いていくと、嫌でも期待が高まります♡
a0235705_10225117.jpg

あ、今度、アル・パチーノが10週間だけお芝居するみたいですね。有名俳優もここでは一介の役者として、舞台に立つのね。そういうところがブロードウェイのいいところ。生パチーノ見てみたいですね!
a0235705_10233291.jpg

Onceの劇場に到着!それほど大きな劇場ではありません。
Onceの舞台はアイルランド。夢を捨てたアイルランド人の元ミュージシャンがチェコ移民の女性に会い、彼女とのふれあいと音楽を通して再びミュージシャンへの希望を取り戻すというお話。
a0235705_10235544.jpg

なにしろ、良かった~。としかいいようがないね~。かなり新しい形のミュージカルで、8人くらいいる役者さんは全員楽器を持って演奏し、殆どでずっぱり。なにしろアイルランド風味の哀愁のある曲が心に響いてきます。歌う役者さんたちもとてもうまかった~。うーんかなり説明が難しいけど、オン・ブロードウェイでありながら、すごく素朴で純粋な感じなの。これ以上大きな劇場は似合わない。出演者のソウルが観客に飛んでくる感じっていうのかな。それでいて温かくて、せつなくなって音楽に揺さぶられて泣きたくなる、そんなミュージカルでした。既にリピーターが沢山いるのもうなずけます。

これはデビット・レターマンの有名な深夜番組でOnceの出演者全員が出て演奏した時のもの。少し、感じが分かってもらえたら嬉しいな。




あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-09-15 11:14 | イベント