みずたまの伝言

Norway フィッギオ 赤いArden

先月、エステートセールで見つけたノルウェーのフィッギオ(Figgjo)のArdenというパターンです。Turi -Design・チューリ・グラムスタッド・オリヴァー(Turi Gramstad Oliver)のデザイン。遠くで見たとき、この赤がレッド・ウイロー(ブルー・ウイローの赤バージョン)にそっくりで、レッド・ウイローが大量に置いてあるのかと思っていました。でも近くで見たら、あれ、細かい柄だけど、違うぞ。。と後ろをひっくり返したら、Made in Norwayという文字が飛び込んできました。
a0235705_1148631.jpg

ディナー皿(丸)4、(角)3、サラダ皿(角)4、パン皿(丸)3、ソーサー(丸)3、(角)4、カップ5、と割とそれぞれ半端な数だったのでどうしょうかな、と思いましたが、この四角いお皿がツボだったので意を決してお買い上げ。FiggjoではLotteシリーズが人気ですね。私もどちらかというとこの赤よりLotteのような青系のものが欲しかったのですが、これもこれで素敵です。
a0235705_11482130.jpg

木々がこんもり。自然の中で見つけたデザインのよう。うん、やっぱり四角いプレートはいいですね。60-70年代のものでしょうか。
a0235705_11484098.jpg

繊細なイラストが可愛い。このArdenはあまり見つからないシリーズだと、どこかのサイトに書いてありました。
a0235705_1149913.jpg

ソーサーは丸型と四角があるので、その時の気分で使い分けできるのもいいですね。カップの大きさもたっぷりしていて、使いやすそう。
a0235705_11491962.jpg

                 やっぱり北欧のものが見つかると嬉しい!良いお買いものができました。

                                  ★☆★☆・・・・・・・★☆★☆
金曜の大腸がん検診(内視鏡検査)は無事済み、結果は何も異常は見つからなかったとのことで、ホッとしまています。しかし、下剤を飲むのが大変でした~(T_T)。1Lずつ、夜と当日朝の2回に分けて飲むのですが、なにしろ不味かったです。でも頑張って飲んだら、おなかがクリアになって、とても検査しやすかったとドクターからお褒めの言葉を頂きました。麻酔も「はい眠くなりますよ~」と言われた瞬間に、ことっと眠り、ほんの1秒寝たような感覚で目覚めました。「あれ、まだ始まってないのかな?」なんて思ったくらい、ほんの一瞬のような気がしましたが、実は4-50分経ってたんですね。本当、検査自体はなんの痛みも意識もなく、楽でした。
こちらでは、こういった検査や手術では医師以外にも、麻酔医、ナース、施設など様々な人や施設が関わってきますが、医師が自分の保険のネットワーク内(普通、自分の持っている保険のネットワークに登録しているドクターを使わないと保険は下りません)にいても、その他の人たちがネットワーク外ということもあり、そうなると膨大な請求がきてしまうことがあります。以前、友人のご主人がやはり大腸の内視鏡検査をした時に多額請求が来てしまったと聞いていました。ドクターは保険でカバーしたのですが、施設やナースなどが自分の持っている保険のネットワークでなかったので、5000ドル請求されたそうです。本当、こちらでは何事も保険の確認を怠ると、最悪は自己破産にまで追い込まれることもあるので、細心の注意が必要です。私も事前にくどいくらい確認しました。でも、そうはいってもエマージェンシーで担ぎ込まれた時はそんなこと言っている場合ではないので、そうなったら保険のネットワーク内であることを祈って、運を天に任せるしかないわけです。。アメリカの保険制度ってシビアですね。そんなこんなで週末はばたばたしていました。ここ数週間、スリフトに出かけられず、ストレス溜まってます~(T_T)



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-02-25 12:52 | 北欧