「ほっ」と。キャンペーン

みずたまの伝言

カテゴリ:Glasbake( 6 )

レア?Glasbakeのワンハンドル、クリアバージョン

以前にもグラスベイク(Glasbake)のワンハンドルキャセロールの記事を書きましたが、今回、クリアバージョンと思われるものを発見しました。いやー、こんなものもあるんですね。初めてお目にかかりました。お調べサイトでも今のところ同じものに遭遇していません。
a0235705_0195785.jpg

グラスベイクの刻印はありませんが、グラスベイクはガラスにザラザラな型板ガラスのようなテクスチャーを部分使用することがあるのですが、これも底部分がザラザラなので、多分同じ会社のものだと思います。(4枚目の写真に底部分がよく写っています)。
a0235705_0201248.jpg

年代的にはミルクグラスのタイプより古い感じがします。ガラスも若干黄ばんでいますし、ハンドルもアールデコのようなデザイン。
a0235705_0202646.jpg

ハンドルと本体の接合部分も華麗です。
a0235705_0203990.jpg

スープなどを入れてもいいですが、夏はかき氷を入れても涼しげですね!
a0235705_0205986.jpg



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-08-27 00:50 | Glasbake | Comments(6)

グラスベイクのワンハンドルは謎が一杯

可愛いグラスベイク(Glasbake)のワンハンドルキャセロール。ファイヤーキングにもワンハンドルがありますが、どちらも使い勝手が良いので、人気がありますね。特にグラスベイクは色付きのものがあって可愛いです。
ちょうど2つほど見つけてアップしようとしていたら、Nobukoさんのブログでワンハンドルのデザインの違いについてのお話が出ていて、そういえば、最近違いを調べたことがあったなと思い、便乗してここにアップしておきますね。(のぶちゃん出張中でいない間にアップごめんね~)。何だか説明がよく出来なくて、分からない表現になってたらごめんなさい。マニアックな話題なので興味のない方はどうぞスルーしてくださいね。
a0235705_12592629.jpg

すぐ出せる範囲で全員集合。まだどこかに相当量あるはずなのですが、探す根気が今はなく、欠席者多数ながら記念撮影。あ、そういえば、蓋もあと4つあるはず。この蓋は、デザインが可愛くてお気に入りのひとつ。でも、パイレックスのレフ容器の蓋と同じく、なかなか見つからないもののひとつでもあります。
a0235705_12595347.jpg

さて、謎が一杯、だなんて書いてしまいましたが。要は、形のバリエーションが沢山あるのがグラスベイクのワンハンドルの特徴ともいえます。まず、大きく分けて、深いタイプと浅いタイプが色付きと白両方に存在します。比べてみると大体5ミリほど高さに差がありました。
a0235705_1302922.jpg

白のほうはさらに複雑で、この画像のようにそれぞれ、どこかが違うものが分かっているだけで4パターンあります。上から①深タイプ短ハンドル、②浅タイプ外側ツルツル、③浅タイプ外側ザラザラ、④深タイプレギュラーハンドル。これらのうち、②と④は同じ形の色付きが存在することから、色付けする前のものと考えられます。③の浅タイプ外側ザラザラに関しては色付きのものはないようです(多分、ざらざらしているので吹き付けがしづらかったのかもしれないです)。それぞれ、ハンドルの形も少しずつ違いますね。①深タイプ短ハンドルに関しては色付きを確認していません。もしかしたらあるかもしれませんね。
a0235705_130566.jpg

写真があまりよく撮れませんでしたが、③のざらざらは、他タイプの底部分にみられるザラザラなテクスチャーに似ていますが、若干ザラザラが細かい感じです。(6/27/2013 テクスチャーが見える写真と差し替えました)
a0235705_23125319.jpg

また、①の深タイプ短ハンドルは底にグラスベイクのスタンプがなく、高さも深と浅の中間くらいと微妙な感じ。グラスベイクだとは思うのですが、これもちょっと謎ですね。
a0235705_13433853.jpg

何だか微妙にいろんなヴァリエーションがあるワンハンドルですが、それがなんやねん、という気もしますが、違ったものがあるということだけでも知っていれば、ワンハンドルに遭遇した時、さらに楽しくなるかもしれないですね❤


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-06-27 14:00 | Glasbake | Comments(10)

春咲き水仙と保存瓶

今日(土曜)はとってもいいお天気でした。でも、その分、花粉症には辛い週末となりました。今回、症状があまりにひどいので私は花粉症に効く注射をしました。友人が毎年この注射をして、何の副作用もなく、快適にこの時期を乗り切っているのを見て、今年こそは!と思っていたのです。弱いステロイド系の注射なのですが、かなりいいです。でも、友人ほどは効いていないようで、まだ目が少し痒かったりします。やはり個人差があるようです。

さて、春先の花といえば、水仙、ヒヤシンス、桜やチューリップなどですね。トレーダー・ジョーで10本1.49ドルと超お得な水仙が売られていたので思わず20本買いました。20本でも3ドルしない!有難いことです。イキもとっても良かったです。あまりにきれいなので、ちょっとリボンを結んでみました。あれ?ウエディングみたいですね。何だか綺麗すぎて造花みたいにも見えます。
a0235705_930466.jpg

               普段使い風にしたいので、もっとカジュアルに、こんな感じで、さりげなく飾っています。
a0235705_9273191.jpg

使ったのは、ビンテージのメジャーリングカップ。数字が全部エンボスみたいに盛り上がっているだけで、数字がプリントされていないところがとてもいい感じです。多分、グラスベイクのものだと思う。
ところで、水仙って、あんなに華やかな花なのに、香りはイマイチ。質の悪いインクのような匂いがします。そういう意味ではヒヤシンスのほうがいい香りですね。ヒヤシンスも大好きです。
a0235705_9275031.jpg

かなり前に行ったエステートセールで見つけたBallとヘーゼルアトラスの保存瓶。まだきれいにしていないので、これまた、そのセールで買ったサビサビのバケツの中で待機中です。
a0235705_9288100.jpg

                早くきれいにして、これにもお花を入れて飾ってあげたいです。



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-04-07 10:06 | Glasbake | Comments(10)

やっと見つけたリプトンマグカップと日本製トレイ

グラスベイクのピンクのリプトンスープマグカップです。60年代にリプトン社が懸賞の賞品にグラスベイク社に製造を依頼したものだそうです。この四角い形と可愛い色が大好きなんですが、なかなか出会いがありません。
a0235705_1124060.jpg

これでやっと2個目です。アンティークショップで買ってもいいけど、ここはじっくり待ってみようかと思います。できればあと2個、色の違うものが欲しいです。
a0235705_113728.jpg

下に敷いたのは、お盆。はっきりした色合いのフルーツと野菜が素敵なイラストですね。いかにも70年代風です。
a0235705_114084.jpg

裏を見て、やっぱり、と思った。こういうイラストはJapan製ですよね。
a0235705_1151579.jpg


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-09-18 11:47 | Glasbake | Comments(18)

紫陽花のブランチ・Glasbake ワンハンドル

ちょっと前の紫陽花がきれいな時に撮った写真です。友人からグラスベイクのワンハンドルキャセロールをもらいました。それもキャセロールは白が多い中、全部ポップな色でさらに蓋付きです。ラッキー!!ワンハンドルは、沢山持っていますが、どうしても蓋との出会いがありませんでした。
a0235705_232357100.jpg

この蓋がレトロで可愛いと思うの。でも蓋付きで出てくることは稀で、殆どの場合が本体だけになってしまっています。状態もとても良くてツルピカ。ありがとうね~!!
a0235705_23241676.jpg

うちの紫陽花はとても紫の色が濃いです。もうこの色がむちゃくちゃ好き♡ よーく見ると、花びらだと思っているところが額で、中にぽちんと小さなお花が咲いている。可愛いね~。毎年この紫陽花が咲くのを楽しみにしています。
a0235705_23243657.jpg

せっかくなので、お庭でブランチをしました。グリーンのワンハンドルに合わせて、下に敷いたのはMikasaのBen Seibel(ベン・セイベル)のお皿。Seibelはミッドセンチュリーを代表するデザイナーで、今でもコレクターが多く存在しています。70年-80年代にはMikasaの食器デザインも手がけていました。普通はお皿の真ん中に花が大きく描かれていたりする大胆なデザインが多いのですが 、これはとっても可憐なデザイン。お料理やセッティングの邪魔にならないこういうのも好きです。
a0235705_23245536.jpg

夏の定番、ラタトーユです。本当に夏の間に何回くらい作るだろう。。というか、私はどうも生野菜が苦手なので年間通してラタトーユは我が家の定番になっています。簡単だしね✿
a0235705_23251953.jpg

ワンハンドル、このサイズはいろいろなものに使えるので、持っているととても便利な食器です~♪



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-07-29 23:57 | Glasbake | Comments(16)

デイジーのマグにいれたリンゴ紅茶

ビンテージのグラスポットに紅茶を淹れて、その中にはリンゴ。ほのかなアップルの香りのリンゴ紅茶の出来上がりです。
a0235705_12423785.jpg

リンゴ紅茶を注いだのは、グラスベイクのデイジーのマグ。偶然、お揃いのディッシュタオルがありました。
a0235705_1243182.jpg

これはグラスベイクの花ことばシリーズのマグです。デイジーは 「Sentiment」。感傷とか心情とかでしょうか。イラストが割と落ち着いた大人っぽい感じがします。丁度飲みやすい大きさですね。
a0235705_12433862.jpg

紅茶に八つ割にしたリンゴをいれてみました。だけど思ったほどリンゴの香りはしませんでした。タッパーウエアのブルーのお皿には、半分にして焼いたマフィンにたっぷりバターをつけて。
a0235705_1244195.jpg

写真を撮っていると必ずチェックしにきて邪魔する灰色のご隠居さん。いつも寝ているくせに、こういう時ばっかりはりきるのよね~。
a0235705_12441858.jpg




あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-07-02 13:30 | Glasbake | Comments(10)