みずたまの伝言

カテゴリ:ミッドセンチュリー( 11 )

ラッセル・ライトとヒヤシンス

最近、しっぽが太くて前歯が出ている灰色の方たちが庭を走り回って、せっかく咲いた花をなぎ倒して台無しにしていきます。特に秋に植えて開花を楽しみにしていたヒヤシンスやチューリップを折られるとちょっとショック!
a0235705_6592372.jpg

こんなにきれいな色で咲いていたのに、がっくりですが、そういうものは取ってきて、枯れるまでは家に飾るようにしています。
a0235705_6594941.jpg

器はミッドセンチュリーデザインの巨匠、ラッセル・ライト(Russel Wright)のデザインしたもの。裏の刻印が殆ど見えず、最初のRの文字がライトの刻印と形が同じと直感し、買ってきましたが、正解でした~(*^^)v お皿に置いているとすぐ枯れてしまうので、お花はこの後、花瓶に移し替えましたよ。
a0235705_715112.jpg

2つに分かれているデバイデッドのお皿は、1939年から59年の20年間スチューベンビル社(Stubenville)によって製造されたアメリカン・モダンシリーズのもの。色は20色あるうちレアとされているブラック・チャツネ。つるつるの釉薬とドリップ模様が麗しい。欠けもなくとても良いコンディションでした。
a0235705_723100.jpg

こういう器は和食にも洋食にも使えそうで、これからどんな料理を盛ろうか楽しみです。



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2014-05-04 08:17 | ミッドセンチュリー

的のデザインが斬新。Ben Seibelのお皿ときゅうり

またまたBen Seibelのお皿を発見。マトのモチーフが非常にモダンです。
a0235705_1195012.jpg

日本の職人さんのはんてんや屋号など伝統模様にもこういう円を使った粋なデザインがありますよね。アメリカにもこういうデザインはあったのでしょうが、なぜか和風な趣がありますね。1960-70年代のミッドセンチュリーの時代だからこその作品という気がします。黄色とグレーの取り合わせもカッコいい。これなら和食との相性もばっちりですね。
a0235705_1110818.jpg

いつもながら、MikasaのBenのロゴは、昭和レトロ風で可愛いです。
a0235705_1110279.jpg

何にも乗せるものがなかったので、庭の家庭菜園からきゅうりを拝借。これ、日本のきゅうりなんですが、今年はわっさわっさできていて、ウハウハですよ~。獲れたては、とげが痛いくらい。アメリカのきゅうりと違って甘味があって、パリッとクリスピーです!このきゅうりについては、またそのうちアップしたいと思います。
a0235705_1110436.jpg

                               ❤❤❤❤❤
グレーの親分のお気に入りはうちの夫。夫も親分にメロメロです。ぴゅーちゃんのビロウドのようなお耳をぎゅっと触ると、いつもはちょっとヤクザなお目々もとても可愛くみえます(汗)。何だかうさぎさんみたいですね。可愛いよ~(親ばか)。
a0235705_1111025.jpg




あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-08-08 11:41 | ミッドセンチュリー

渋いスティール製タイプライターテーブル

渋い色のスティール製のデスクを見つけました。最初は小学校の机かな?と思いましたが、タイプライターテーブルでした。60年代くらいのものだそうです。このサイズは、電話置き、プラント台、スタンド、と色々に使えそうです。
a0235705_6433528.jpg

本当は両側にフラップが付いていたようですがこれは片側だけになっていました。でもそれでもスペース的には十分活躍しそうです。
a0235705_643533.jpg

TOLEDO GUILD、 TOLEDO OHIO のマークがあります。オハイオ州出身なんですね。TOLEDO GUILDでググると、インダストリアル時代に美しいスティール椅子などを作っていたようです。
a0235705_6443346.jpg

4.95ドル。即決でした。スリフトでは一人で持って帰れて、車(普通のセダン)にも入る大きさの家具しか買わないのですが、その条件をクリアしていたのも良かった。このスティールの感じと手頃なサイズがツボでした~。しかし、このマーカー消えるかな?
a0235705_6445610.jpg

多肉植物など置いてみました。昨今は多肉植物がブームですね。この色を抑えたスティールの感じにぴったりです。でも、うちの多肉植物は、みんなボロボロ('_')。なぜなら、、
a0235705_6451567.jpg

この人ですよ~。被害に合わないように多肉ちゃんをかくまっていると、目ざとく見つけて、はみはみするのは!!(怒)
a0235705_6453675.jpg

                             親分はそんなことしないのよ❤
a0235705_6455418.jpg



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-03-11 07:36 | ミッドセンチュリー

ミッドセンチュリー感満載のケーキセット★Paris Baguette

たまには、美味しいケーキが食べたくて、最近人気の韓国ベーカリーのケーキを買ってみました。これまた最近買った白とクロームの器でセッティング。
a0235705_10243753.jpg

一目見たときから、これはただモノではない、という雰囲気が漂っていました。といっても、有名ブランドではないようです。この白とクロームの組み合わせ、そして丸みを帯びたフォルム。かなりミッドセンチュリーな雰囲気を感じました。
a0235705_10244551.jpg

The Aristocrat by Leigh Potters, USA と読めます。調べたところ、1930年代のオハイオのメーカーLeigh Pottersのものらしい。ミッドセンチュリーというよりアールデコに近いんだ?!
a0235705_1024501.jpg

このシュガーポットの形とクロームの組み合わせに胸キュンでした。当時は、ビーハイブ(ハチの巣)型のぼこぼこっとした丸い胴体と取っ手が3つのリングになっているデザインをアリストクラットスタイルと呼んだらしいです。今ではこんな形の器はあまり見ませんね。つまみの形もいいですね~。
a0235705_10245575.jpg

合わせたのは、イタリア製のクリーマ。これがまた、どう撮っても自分がステンレスに写り込んじゃうんです~(T_T)。それでカーテンの陰に隠れるようにして撮影しました。ほら、写り込んでいるカーテンの隙間が何だか不自然ですよね。
a0235705_1025661.jpg

このケーキはParis Baguetteというところのブルーベリー・シフォンケーキ。デコレーションにしても、お味にしても、日本のベーカリーのケーキにかなり近い、というか東京でケーキを食べているようでした。特にデコレーションが何となく日本のケーキみたいなんです。とても美味しかった~!HPを見たら、西海岸に沢山お店があるんですね。CAの方たちはご存じかもしれませんね。最近、NYやNJにも何店舗かできたようです。これは、レベル高いです!かなりお勧め。またリピしたいです。
使ったお皿も今、気に入っているもののひとつ。可愛い花柄ですが、決して甘くないのがツボでした。こちらもどこのものとも分からず。
a0235705_1025289.jpg

ずっとスリフト行きも撮影もサボっていたため、もう写真のストックが底をついてきました(T_T)。週末はなんとしても大撮影大会をせねば、何もアップできそうもないです~~(汗)


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-02-28 11:39 | ミッドセンチュリー

アップル・アップサイドダウン・タルト

とても寒くなってきました。今年は暖冬なのかなー、なん思っていたのですが、やっとNYの冬らしくなってきました。
こんな寒い日は、冬のりんごでアップサイドダウンタルト。ケーキではなくタルトにすると簡単なんですよ。
こういう料理写真みたいな撮り方、一度やってみたかったのです(*^^)v
a0235705_11325971.jpg

器はミッドセンチュリー感たっぷりのスージークーパー。カップはラッセルライト。同じ年代のものは雰囲気が合いますね。
a0235705_11412779.jpg

りんごにほんの少しバニラを入れて煮てみました。正解でした。とっても美味しくできましたよ。
a0235705_11451772.jpg


<すごい大雑把な作り方> そのままオーブンに入れられる鍋(パイロセラム使っても良かったですね)でりんごを甘く煮て、その上にパイ生地を乗せ、オーブンに入れる。パイ生地は今回は作ったけれど、冷凍パイシートでも、もちろんOKです。これは焼きあがったところです。
a0235705_11351166.jpg

焼きあがったら、さかさまにしてお皿に盛る。
a0235705_11353028.jpg

それだけ。簡単です❤ 寒い夜に手作りのタルトと暖かいコーヒーは最高ですね。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-01-23 12:04 | ミッドセンチュリー

スパゲティ・グラスと猫のスリフト

ああ、もう明日(月曜)から仕事だ~。嫌だな~、嫌だな~。。。と言っていても時間は刻々と経っていくんだよね。子供じゃないんだから、覚悟を決めないとね。

ずっと探していたスパゲティ・ラバー・グラスにやっと遭遇しました。1950年代後半から60年代に作られていたグラスで、表面にゴムで模様が入っています。この何とも言えない幾何学模様とザラザラした手触り、そして模様のせいでフロストグラスのように見えるところがツボです。お調べサイトでも、それほど高いものではないのですが、いざ探すとなるとなかなかありませんでした。他にもピンク、オレンジ、ブルーなど、可愛い色があるようで、一通り、集めてみたいものです。
a0235705_10211965.jpg

マジックで書かれた値段がどうやっても消えません。ゴムが染まってしまったようです(T_T) しかし、製造会社はどこなのでしょうか。
a0235705_10214180.jpg


                   *************************
もうひとつ、別のスリフトでこのヘーゼル・アトラスのModerntoneらしきシュガー&クリーマを見つけました。あ、そういえば、HAにもスパゲティ模様に似ているフロストシリーズがありますね。
a0235705_10221388.jpg

実は、このスリフト、「猫のスリフト」と呼ばれています。というのも猫専門のアニマル・シェルターが経営していて、店内を猫が我がもの顔でのしのし歩いているのです。それも子猫はいなく、大猫、老猫も多い。引き取り手がいなくても、絶対処分しないポリシーなんだと思います。もうあちこちで大きな猫がまるまって寝ています。売っている衣類などにも猫の毛が付いているような気もするのですが、誰も気にしません。私もここへ行くと、何かしら買って少しでも貢献できたらと思っています。
a0235705_10223298.jpg

だけど、店内、すごい猫くさいんです(T_T) 猫アレルギーの人にはちと厳しい環境かもしれません。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-01-07 11:35 | ミッドセンチュリー

ベーカライトのカトラリーと黄色いセイベルのお皿

先週行ったフリマで見つけたベーカライト(と思われる)のナイフとフォーク。ベーカライトか良く分からないんだけど、色が卵色で可愛いので、プラスチックでもいいや、とお買い上げ。値段は1本1ドル。プラだったらちょっと高かったかも??Hanover Cutlery Co.の刻印があって、調べてみたけどドイツの会社でそういうのがあるらしいのですが、このナイフにはUSAの刻印が付いています。手掛かりなしでした。でも古いものには違いないようです。
a0235705_1022116.jpg

これまた以前に買ってあったベン・セイベルがデザインしたMIKASAのお皿と色が良く合いました。(うーん、夜の撮影は難しいね。昭和の写真のようになってしまう。。あ、昭和のものだもの、いいか(^_^)v)
a0235705_10225880.jpg

Mikasa Dulex Trellis。 お調べサイトで見たら、想像していたより高いお値段で取引されていてちょっと嬉しかった。かつての日本の食卓で使われていたようなデザインですね。
a0235705_10252073.jpg


-------------------------------------------------------------------------

フリマでは、新鮮な野菜も売っています。早速買ってきたものをチェックする灰色の親分。
a0235705_10252548.jpg

牛柄の人は何かを狙ってます!!
a0235705_1026980.jpg



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-08-02 11:22 | ミッドセンチュリー

ラッセル・ライトの水差し★アラビアン・ナイトなひと時

だいぶ前にスリフトで見つけたラッセル・ライトの水差しです。やっぱりこの形は混雑した店内でも異彩を放っていました。かなり大きくずっしりしています。
a0235705_1144473.jpg

これは復刻版です。何と、あの家庭雑貨の全国チェーンBed Bath and Beyond で40ドルくらいで売られていたようです。きっとオリジナルの時代はもっと安く売られていたんじゃないでしょうか。今ではこの復刻版も販売されていません。
a0235705_1145286.jpg

ナイフやフォークを販売しているONEIDAが販売元というのもちょっと面白い。今の時代に合わせて、ディッシュウォッシャーOK、電子レンジOK。しかし、これを電子レンジに入れることってあるのかな?
a0235705_11451719.jpg

花瓶にしても大きいので、お花をたっぷり挿さないと映えず、なかなか活躍する機会がありません(T_T) それでも、持っているだけで幸せ~♪

**************************************
お友達から頂いたのはアブダビのお土産。エキゾチックなアラブのコーヒーです。よく淹れ方が分からなかったんですが、夫がテキトーに沸かしてくれて、ハインリッヒのデミタスで頂きました~。うわー、スパイスの香りがたっぷりします。特にカルダモンの匂いが半端ない。スパイス好きには堪りませんね!
a0235705_11453399.jpg

ところで、このコーヒーの缶なんですが。。家庭の主婦であろう黒いベールの黒装束の女性の存在感が凄いです!
a0235705_1145499.jpg

うーん、いかにもな、いい味出してます! そばの吹きだしの中にはどんな言葉が入っているのでしょう。
a0235705_1146273.jpg

ほら、蓋にも黒ベールの女性がっ!何だかアラビアンナイトな怪しい雰囲気も漂っているではないか。いいね。いいね。こういうパッケージ大好きです~✿
a0235705_11464770.jpg

飲み終わったら、この缶、何に使おうかな~♪ しかし、こういうパッケージデザインってお土産用だからなのかしら。それとも普通の商品にも黒装束の方たちが登場するのかしらね。ああ、気になるな~✿


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-06-30 12:48 | ミッドセンチュリー

ラッセル・ライトの食器-シンプルの美

1940年代にそれまで高級とされていた食器類を一般大衆にまで広げた工業デザイナーのラッセル・ライトはミッドセンチュリーの代表格といえるでしょう。ごてごてしていた食器デザインも彼にかかると恐ろしくシンプルで実用に富んだものになりました。一時、キャンベルスープの広告の中のお皿に使われたことがあり、それで爆発的な人気が出て、お店に長蛇の列ができたこともあるそうです。ラッセル・ライトと聞くと何だかドキドキします。
a0235705_147525.jpg

これはイロコイスと呼ばれるシリーズ。本当にオーソドックスな形のコーヒーカップですが、スリフトの中で見つけた時は遠くからでも異彩を放って見えました。何でもない形なんですが「何かが違う」のです。何なんだ、、これは!とひっくり返したら、ラッセル・ライトだったんです。
a0235705_1472378.jpg

バックスタンプです。カップのほうはスタンプが付いていないものもありました。
a0235705_1474611.jpg

彼は数多くの作品を残しているので、ビッグネームにもかかわらず、食器群は現在でも入手できる価格で取引されているようです。こんなにシンプルなのに、この器には雰囲気がありますね。そこが凄いところです。ラッセル・ライトのピッチャーも持っているのでそれも、そのうちアップしますね。
a0235705_148730.jpg

*************
孤高の天才医師が活躍する「House」がファイナルを迎えるようです。日本でもやってましたよね?タイムズスクエアにこんな大きな広告が。このシリーズ、よく見ていました。主役のヒュー・ローリーが良かったわ。シーズン8まであったのね。途中からちょっと飽きちゃったんだけど、最初は夢中でした。 5月21日夜8時FOXにて放送だそうです(NY地域)。見てみようと思います。
a0235705_1483019.jpg



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-05-19 14:57 | ミッドセンチュリー

昭和なカップとぼかし大好きBLENDO

一見、メルマックにも見えるようなきれいな水色のコーヒーカップを見つけました。ソーサーのブルーのお花が懐かしい感じです。
a0235705_1125038.jpg

これは日本製KOKURA Ware。KOKURAというのはノリタケ(日本陶器)から枝分かれした東洋陶器(今のTOTO)が出していたブランドです。ですので、ノリタケの血筋を引いていることになります。TOTOというと、今や衛生陶器しか頭に浮かんできませんが、昔は衛生陶器と並行して、このような食器も沢山作っていて、時には日本陶器のワンシーズン前のパターンを流用して食器を製造したりしていたようです。このカップはどのくらい前のものか分かりませんが、少なくとも「マルキ印」と呼ばれる大正時代のバックスタンプではないので、昭和に入ってから、多分50,60年代のもののような気がします。このノリタケを中心とした陶器製造の系譜は、壮大なドラマになりそうなくらい面白く、今度ちゃんと調べてみたいと思っています。
a0235705_1151964.jpg

可愛いブルーですね。使いやすそうな素直な形をしています。ヒビや欠けもなく、ツルピカ。食卓が楽しくなりそうです。
a0235705_1141142.jpg

こんな感じでコーヒータイムなぞ。イチゴを盛っているのはWest Virginia Glass Co.,のBLENDOというシリーズで、このグラデーション、ぼかしが特徴です。割とスリフトではよく目にしますが、いかにも50’sの匂いがします。ツブツブやシマシマと同じく、ぼかしパターンも私の好きなものの一つです。
a0235705_1154625.jpg

だけどこのぼかし、かなりデリケートみたいで、ディッシュウォッシャーに入れたり、乱暴に洗ったりしたら、すぐ曇ったり、はげたりするようです。現に、良く遭遇するにもかかわらず、状態のよいものはかなり珍しいです。このボウルも、外側が白っぽくムラムラになっています。でも、この色が好きなのと、何か盛るとあまり気にならないようなのでお買い上げしました。 
こちらのイチゴは当たり外れが激しいのですが、こういう大きいものは結構甘いことが多い。これも甘くて、一気になくなりました!
a0235705_116862.jpg

ひゃ~!!降りて~!!と思わず叫びましたよ。最近ますます行動が大胆になってきたウシ柄さんでした~(>_<) ひょえ~!
a0235705_1113569.jpg



あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-04-22 12:44 | ミッドセンチュリー