「ほっ」と。キャンペーン

みずたまの伝言

タグ:芸術・工芸 ( 9 ) タグの人気記事

自由学園明日館*F・L・ライト設計の重要文化財でウェディングが

いきなり喫茶写真から入ってしまいましたが、常々、ちゃんと訪れたいと思っていた、目白の自由学園明日館へ行くことができました。自由学園の本校は昭和の初めに西武池袋線ひばりが丘に移転しており、このフランク・ロイド・ライトが設計した明日館は、現在、卒業生の事業活動などを中心に運営されています。実はこの学校で小中高過ごしました。でも明日館にはその頃でも年に数回しか行かなかったし、フランク・ロイド・ライトやミッドセンチュリーに興味を持った今のこの目で見てみたかったのです。
このコーヒーは入場料に含まれており、一階ホールで頂けます。(喫茶付入場料600円、入場のみ400円)。卒業生製作のクッキーやパウンドケーキが付いてきて、手作り感たっぷりで美味しかった。そしてコーヒーがかなりイケました。
a0235705_144151.jpg

国の重要文化財、自由学園明日館(みょうにちかん)は、1921年(大正10年)、新聞記者であった羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎として、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計で建設されました。東京でライトの建築を見られるのはここだけ。それも、重要文化財でありながら、使いながら維持・管理していくというコンセプトの元、建物はもちろんのこと、当時の椅子や家具に至るまで、使ったり触ったりすることができます。池袋・目白の駅から歩いて7分ほど。駅前の喧騒が嘘のような静かな住宅街が現れます。
a0235705_145974.jpg

吹き抜けが清々しい一階のホール。ライトのデザインで特徴的な六角形の椅子も置かれ、ここでその椅子に座り、喫茶することもできます。大きな窓はステンドグラスではなく、木の枠で構成されています。
a0235705_152056.jpg

天井が高く、明るい2階の食堂。かつてはここで生徒たちが昼食を食べました。下の写真のような暗ーい玄関や廊下を通っていきなり天井が高くて光の差すこの食堂に出るという演出もライトが考えた効果だそうです。
a0235705_153552.jpg

玄関の扉の意匠にも、ライトならではのデザインが。この暗さが2階の明るい食堂に出たときにわーっと感じる効果を発揮するわけです。
a0235705_155631.jpg

屋外の照明も独特なデザイン。建物の各所に使われている大谷石(ちょっとモロモロしたベージュの石)は雨に濡れるときれいな色になり、自然に風化していく姿が美しいです。
a0235705_16991.jpg

*#*#*#*#

ところで、最初に書いたように、使いながら維持管理しているので、ここでは各種セミナーやコンサート、CM撮影など様々なことが行われています。その中でも大きな部分はきっとウエディング!
この建物の中で結婚式ができるのです。国の重要文化財、それもライトの建築の中でウエディングできるなんて、一生の記念になりますよね。ああ、私もやってみたかった~( ;∀;) どんな感じかウエディングHPから公式写真をお借りして、載せておきますね。
a0235705_162991.jpg

こちらは講堂なのですが、ここでAKB48の「上からマリコ」を撮影したとか。嵐の桜井君も建築インタビューで来たらしい。講堂は音響もいいので、各種コンサートも行われています。
a0235705_164611.jpg

食堂での披露宴のセッティング。
a0235705_17151.jpg

お食事は「コルドン・ブルー」のフレンチだそうです。
a0235705_17169.jpg

もう自分ではできないけれど(:_;)、こんな結婚式に、誰か呼んでください~❤

これから桜の季節には庭に植えた桜が満開になってそれは美しいとのこと。夜桜見学もできるとのことです。

自由学園明日館
・JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分。JR目白駅より徒歩7分
・結婚式などの日は見学ができない場合もありますので、HPの見学カレンダーを参照の上お越しください。
・一日1回、ガイド付きツアーも行われています。(今回参加しましたが、とても丁寧に説明してくださり、勉強になりました。)
・実はひばりが丘の本校もライトの愛弟子の遠藤新が設計し、明日館の雰囲気を残しながらスケールを大きくしたもの(10万㎡という公園のような敷地)なので、こちらもライト好きなら必見かもです。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2014-03-24 02:39 | 旅行 | Comments(19)

魅惑のマトリョーシカ

スリフトで袋に入ったマトリョーシカを何種類も発見しました。コレクターさんが大放出したのか、エステートセールの残りなのか、一度に大量にお目にかかれるなんてラッキー。マトちゃんには人を惹きつける何かがありますね。実は、日本の入れ子人形がモデルだったという説もあります。売られていたものにはちょっと不気味な子たちもいたので、自分の好きなお顔のものだけ選んでお持ち帰りしました。

この子たちの顔が一番好き。素朴で優しいお顔立ちで、図柄も色もグッド。マトちゃんは昔はこういう女の子だけの入れ子が主流だったそうです。
a0235705_1219914.jpg

何とMade in USSR(旧ソ連)。今や貴重なスタンプですね。
a0235705_12193294.jpg

こちらはロシアンファミリー。どこ製なのかは不明だけど、これはどう見てもロシア製じゃないかしら。
a0235705_1219572.jpg

珍しい「赤ずきんちゃん」のマトリョーシカ。絵の感じからいってもそれほど昔のものではないと思います。2番目はお婆さんになりすましたオオカミですね。赤ずきんちゃんの中にオオカミがいるのってお話からいったらオオカミが赤ずきんを食べるのだから、本当は反対だよね。でも、オオカミが外側だったら、ちょっと怖かったかも。一番小さいのはネズミ?ネズミって出てきたっけ?
a0235705_12202337.jpg

こちらはタマゴ型のマトリョーシカ。底が丸いので立たないのです。2番目の顔、どこかの漫画でこんな顔した主人公いなかったっけ。
a0235705_12205761.jpg

全員集合。袋におまけの半端ものも入っていたので、その子たちも一緒に。うう、タマゴがなかなか立たず苦労しました(って底にテープ使えって話ですよね)
a0235705_12211752.jpg

マトリョーシカは以前から興味あったのですが、今まで出会いがなく、これが初マトです。初めてなのに、こんなにゲットできて、幸せでした~。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-06-13 12:56 | その他のコレクタブル | Comments(10)

Danskキャンドルホルダーにライラック

ダンスクのキャンドルホルダーを2つ見つけました。これは33さんが紹介されていたもので、ああ、いいなあ、と思っていたので、とても嬉しかったです。私もキャンドルホルダーとしてではなく、もっぱら花瓶に使いそう。この茶色の薬瓶みたいなガラスの感じがいいです。
今が盛りのライラックを活けてみました。家中にライラックの香りがします。私、紫って大好きなんです。紫のお花が身近にあると気分が上がりますね。
a0235705_1124353.jpg

こういう薬瓶みたいな色や形の瓶が好きです。
a0235705_11254623.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夫のみず太が教えてくれたPeter Menzel という写真家のプロジェクト。世界各国のひとつの家庭で食べる1週間分の食材を一同に並べて撮ったもの。ものすごく興味深いです。ここにアメリカと日本を載せてみます。アメリカ、大きなピザが2枚とあとはなんだかジャンクな食べ物が多い感じ。イタリアでもこんな大きなピザは出てきません。これがカナダだともっと野菜が多くなります。メキシコも野菜とカラフルな果物が多い。
a0235705_11175591.jpg

日本は意外と袋物が多くないですか?もっと野菜があると思っていました。でもさすがに魚が多いですね。中国はフランスパンなども写っていて思ったより洋風な感じ。また、自分たちの国の豊かさを感謝しなくてはと思わずにはいられない写真も。写真はFstoppersからお借りしました。
a0235705_111812100.jpg

もちろん、取材対象のご家庭がすべて同じような経済カテゴリーに属しているのか分からないし、その家庭家庭でも違うと思うので、比べるというのも厳密にはできないと思いますが、でもかなりお国柄が出ていたり、反対に想像と違ったりして、いろいろ考えさせられました。ご興味おありでしたら、こちらに各国の写真が載っていますので、ご覧くださいね。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-05-13 13:11 | 北欧 | Comments(18)

水玉師匠、ヴィトンに降臨

今日は暑さが少し和らいだので、歩いて57丁目のルイヴィトンまで出かけました。もちろんお目当ては、御歳83歳の前衛芸術家、草間彌生さんとヴィトンとのコラボ。 草間さんは昔から大好きな作家です。その独創性は天才と言ってもいいんじゃないかと思うくらい。しかし、ヴィトンとコラボするとは思ってもみませんでした!
ヴィトンの建物がもうこんなんなっちゃってました!遠くからでも目立つ~♪
a0235705_11523998.jpg

ウインドウは全面的に草間さん一色!ご本人がこんなに登場するなんて、今まであったかしら。これはもちろん蝋人形。
a0235705_1153862.jpg

この後に及んで草間作品の説明もアレなので、世界的な日本のアーティストの作品を何しろ楽しんでご覧いただければと思います!
a0235705_11533270.jpg

う、う~、草間人形が沢山~(@_@;) パターンというのが彼女の大きなテーマにありますが、ご本人もそのパターンの一部なのね。
a0235705_11541459.jpg

小さいウインドウにはコラボ商品が。しかしお高かったですよ。ヴィトンだものね。コラボじゃなくても千ドル単位でしょう。それが有名アーティストとのコラボだものね。あまりの高さに戦意喪失しました~(T_T)
a0235705_11544392.jpg

店内も大きな水玉がディスプレーされています。あの水玉のストッキングをはいた足のようなものを店内から見たところ。しかし、艶めかしくてエロチックですね。
a0235705_1155252.jpg

通行人の反応はといえば、、お子さんも「ママ、あれなーに?」と興味しんしん。
a0235705_11553154.jpg

黒い水玉がプリントされている壁面はちょっとメッシュのような素材でできていて、透けたり、近くの物を映したりと、とても綺麗でした。

絶対にみんな見ていきますね。そういう意味ではヴィトンの戦略も成功だったんでしょう。覗き込んで行く人たちの感想をウインドウの近くに立って、それとなく聞いていると面白かったです。たぶん草間彌生を知らない人が殆どでしょう。「すごーい、この蝋人形!まるで生きてるみたい。でも一体誰~?」とか「ね、この人ってさ、凄ーく疲れてるよね?うん、疲れてる!」とかどうも作品自体より草間人形に関心が集まっているようでした。ふふ、面白いね~♪
a0235705_11561495.jpg

コラボではない純正草間作品はすでに億単位で取引されているものが多いとか。でも草間グッズっていう小さめの作品もあって、ヴィトンよりはかなりお安いので、そっちを東京かどこかでゲットしょうかと目論んでます。水玉としては師匠の作品は絶対手に入れたいのですわ~✿


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-07-20 12:39 | NYC | Comments(13)

ウェストベス芸術家村

ウェストヴィレッジのアーチスト村ウェストベス(Westbeth Artists’ Housing)に行ってきました。1970年にNY市がベル・ラボラトリーズの研究所を改築し、オープンしたアーティストの集合住宅兼スタジオ・スペース。ここに住む、画家の方に案内して頂きました。沢山面白いお話を伺えました。
建物の入口。楽器を持つ人々がたむろして。この辺はゲージツの香りがします。市がアーチストを支援するために家賃をかなり安くして提供しています。今やこのあたりはアッパーイーストより家賃が高いそうです。もちろん、入居には審査があり、一時は20年待ちということもあったそうです。たしか、ユーリズミックスのアン・レノックス(大好き!)がここに入りたいと言ったら、あなたはもう十分有名なので援助する必要はない、と断られたとか。モダンダンスの巨匠で振付家マース・カニングハムのスタジオも入っています。
a0235705_12361313.jpg

リチャード・マイヤーの建築。さすが、コルビジュに近い。昔は建物が線路をまたいで、下を電車が走っていました。
a0235705_12401935.jpg

今はビルの側面に見える線路の断面だけが当時をしのばせます。
a0235705_12412354.jpg

住人の作品が設置された公共の吹き抜けスペース。ギャラリーも入っている。かつては若き日の写真家ダイアン・アーバス、俳優ロバート・デ・ニーロなども住んでいたそうです。この建物の中でどんなコラボレーションがあったのか、想像するだけで、わくわくします。
a0235705_12453821.jpg

ここに立つとすごい空気感。この丸いバルコニーが特徴的だが、非常用にもなるそう。ちょっと映画ブレードランナーに出てきそう。
a0235705_1246207.jpg

すぐ目の前にウォーホールと並ぶポップアートの巨匠ロイ・リキテンスタインのスタジオがある。もう亡くなったが、有名になってからも個展の初日朝にこの舗道をほうきで掃除する彼の姿が見られたとか。何をしているんだと問うと「何かやってないと落ち着かないんだよ」と言っていたそうだ。あのボールドでポップな画風からは信じられない、繊細な人だったのだろう。屋上にちらっと彫刻が見えている。
a0235705_12484088.jpg

今回お話を伺ったのは佐藤正明画伯。ニューヨークのニューススタンドを克明に描いた作品で世界的にも有名な方です。本当はスタジオも見学させて頂き、沢山作品も見せて頂いたのですが、本人のお許しも得てないので、ここでは、周辺の写真だけということでご勘弁ください。とても気さくな方で、作品に対する真摯な姿勢と情熱に打たれました。最高に楽しい時間でした!
a0235705_13362694.jpg

一緒に行ったゲージツ家集団のサイトで訪問記をアップしていますので、佐藤画伯スタジオでの詳細はそちらでご覧頂けますのでよろしかったらどうぞ!ちなみに私はカメラ担当だったので写真には写っていませんよ~。
http://www.nycoo.com/tamabi/seminar.html 久しぶりに、アートに浸ることができて、幸せな時間でした❤ 今回ご紹介したウェストベスの公共スペースなどは誰でも入れますので、お散歩がてら覗いてみるのも楽しいかもです~♫


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-03-07 13:47 | NYC | Comments(2)

ロンガバーガーとナンタケット・バスケット

手作りの高級品ロンガバーガー・バスケット。これで3つ目になりました。初回はこちら。昔はいくらスリフトに通っても全然出て来なかったのに、最近、遭遇率が上がってきたような気がします。不思議ですね~♫ ロンガバーガーの神様がちょっとだけ微笑んでくれてるのかしら、ふふふ。
a0235705_12131596.jpg

今回は、中に付いているプラスチックのプロテクターもちゃんとありました!プロテクター付きはこれが初めてです。ちゃんと底にもロンガバーガーの刻印が入っているんですね。さすが、です。
a0235705_12155597.jpg

裏にもお約束の制作者のサインとロンガバーガーの刻印が。ああっ、スリフトで値段$2.95をマジックで書かれてしまいました~(T_T) んっもう、これじゃ落ちないわっ(泣)
a0235705_12264191.jpg

このバスケット、遭遇すると絶対買ってしまうんですが、なかなか使えません。この場合、勿体なくてというより、何を入れるか思いつかないんですよね。多分、普通はしまいたい何かがあって、それを入れる物を考えるんだと思うんだけど、入れ物が先に来てしまっているからなのかもしれません。ま、おいおい考えることにします。

ところで、もう一種類、遭遇すると買ってしまうバスケットがあります。マサチューセッツ州のナンタケット島で18世紀から作られているNantucket Basket(ナンタケット・バスケット)。これはもう伝統工芸品の域に達した、桁外れに高級なバスケットです。ひとつひとつが専門職人の手で作られる特注品で、それこそ、何十万円から何百万円単位のものまで存在するらしいです。スリフトで遭遇するのは、もちろん、なんちゃってナンタケットですが、それでも編み目の細かさや、細工の美しさは他のバスケットと一線を画していて、すぐ目に飛び込んできます。こういう感じのものです。一番有名なのは、蓋が付いていて、その蓋に絵が付いているものなのですが、その蓋付きは、フェイクでもそれなりのお値段がするようです。
a0235705_12484585.jpg

特徴はしっかりした細かい編み目と取っ手付け根部分の白いぽっちりとした留め金。なんとも可愛らしいのです。写真のバスケットは、多分、ナンタケットのお土産もの屋さんか何かで売られていたのかもしれませんね。中にキャンドルが入っているんですが、取り出せないの。どうやって作ったんだろう??
a0235705_12495890.jpg

そしてもうひとつ、底に木がはめ込まれていること。
a0235705_12534028.jpg

みんな本物じゃないですが、それでもきれいなバスケットだと思います。フェイクと言えども何だか捨てがたい魅力がある。この細かい編み目がいいんだよね~✿ バスケットの神に愛されているこのお方にお聞きしたところ、キーホルダー大の可愛いナンタケット・バスケットがあるとのこと。それは~!絶対可愛いと思います!!私もぜひゲットしたいわ~(^-^)
a0235705_12545792.jpg

ナンタケット島は、ケープコッドの近くに位置し、ケネディ家やセレブの別荘がある避暑地としても有名なんだそうです。このバスケットのルーツを勉強しがてら、夏休みにでも一度は訪れたい場所です(*'v'*)


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-02-12 13:30 | ロンガーバーガー | Comments(6)

だれ気味モード✻写真ミュージアム

最近、ことのほか暖かいせいか、庭のボケの花が咲いているのを発見しました。
a0235705_11255660.jpg

辺りはすっかり葉がおちて、寒々しいのに、この花のまわりだけ、ポッと灯りがともったような感じです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

連休が終わり、なんだかペースが戻らず、だれ気味です。
今週を乗り切れば、またリズムが戻ってくると思うので、あまり張り切りすぎず、ある意味ボ~っと、それなりに一日を送っています。会社員たるもの、それでいいのかっ、との声も上がりそうですが、まあ、リーマン生活もアップダウンがあるっていうことで(;一_一) しかし、木曜から月曜までたっぷりお休みがあったはずなのに、一体何をしていたのか。。何だか実のあることは何にもしてないような気がするが、ような気がするレベルに留めておこう。何事も突き詰めるのはよくないからね♫

43丁目と6アベにあるCenter of International Photography。ここには写真学校やミュージアムなどがあるのですが、ちょっとおしゃれなカフェがミュージアムの中にあります。
a0235705_11333134.jpg

外の喧騒とは切り離された、静かなスペース。人も少ないので、一息入れるには穴場かも。
ミュージアムでは丁度、911展とファッション誌ハーパース・バザー展をやっています。写真は撮ったものの、時間がなくてお茶までできませんでした。今度ゆっくり来てみようと思います。
a0235705_114236.jpg

この写真の右端にもちょっとだけ写っていますが、ミュージアムストアではI ❤NYならぬ I[カメラの形]NYのトートバッグが売られていたりして、一味違ったNY土産を探せるかもしれませんね。

今日は料理も手抜きです(いや”今日も”料理は手抜き、、だもんね←えばってどーするっ)
a0235705_1146850.jpg

チキンのホイル焼き。チキン、あまり野菜、えのき、など。チキンには酒を少々振りかけ、ホイルに全部の材料を入れ、上からオイスターソースをかけただけ。オーブン強火で30分くらい。
a0235705_11483717.jpg

昨日のトン汁とちょっとした箸休めで頂きました。チキンが柔らかくできて、おいしかったです❤

しかし、ほんと、はやく、通常モードに戻りたいな~。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2011-11-30 11:59 | 生活まわり | Comments(8)

紅葉ドライブ*お間抜け道中

家の周辺も紅葉がきれいになってきました。
a0235705_11175433.jpg

きっとNY郊外もきれいなはず。丁度、大学の同窓の展覧会がNYノース・セーラムのハモンド美術館でやっているので紅葉を見がてら、展覧会に行こう! ということになりました。
ルンルンドライブして、こーんなに綺麗な景色の中を通り、美術館に到着。
a0235705_1122103.jpg

ところがっ!日曜は美術館休館でした(>_<) ええっ~~、日曜に開いてない美術館なんて、あるわけー?
なんぞと、むくれましたが、元はと言えば自分の確認ミス。確かに木曜から土曜と書いてあったのですが、日曜にやっていないはずがない、などと思いこんでこの失態。。。まったくオマヌケにもほどがある。。。ま、しょうがないね~。
a0235705_1114398.jpg
ほら、証拠写真。ハモンド美術館の門、、トホホ。ここは日本庭園もあって、そこも見てみたかったなー。
小じんまりしたところで、休日にゆったり訪れると良さそうです。展覧会は11月19日までやっているのでどこかの土曜にリベンジだな、こりゃ。


この周辺は大きな貯水池があって、今の時期はため息ものでした。うちの周辺は赤くなる木が多いのですが、この辺りは、赤はあまりなく、黄金色に輝いている。これもこれできれいだわ❤
a0235705_11365980.jpg

湖のすぐ近くにも別荘と思われる家が何軒か見え、こんなところに住んでみたいとちょっと思いました。自然が残っているわりにはNYCに行く電車も通っていて、便利そうです。
空振りに終わったこのプチドライブ。
最後は家の近くまで帰って来て、新しく出来た和食のお店wasabiで憂さ晴らし。(今は日曜も開いています)
a0235705_1142568.jpg

これ、ちらしですけど、ご飯が見えないくらい盛ってあって、おいしかった♫
ただ、寿司飯がちょっと私好みではなかったのが残念。あまり酢が効いていないのですが、私は甘酸っぱいご飯が好きなので。でもネタは新鮮で、貝類も沢山入っていて、満足でした~♫


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2011-10-25 12:02 | 旅行 | Comments(4)

高村智恵子の紙絵

ここ北東部は2-3日前から突然涼しくなり、夜などはヒーターが入るようになりました。もうこのまま秋になってしまうのでしょうか。

さて、高村智恵子の本です。高村光太郎の「智恵子抄」でもお馴染みの智恵子ですが、もともとは画家で、それはそれは才能に溢れた人だったようです。これは、精神を病に侵され、入院してから作り始めた「紙絵」を集めた本ですが、智恵子の紙絵、大好きです。私がこの本を買ったのは、まだ20代だったと思いますが、衝撃的でした。それ以来、約30年、手元においては時たま眺めていますが、時代を超えても決して色褪せない創造性にいつも心を打たれます。
a0235705_6542519.jpg


では、少し中身を紹介しますね。
a0235705_656306.jpg

お花や身近なものを題材にして、最初はお見舞いの包装紙などを使っていたそうです。


a0235705_6565648.jpg

造形のとらえ方がすごく立体的。色もとてもきれい。


a0235705_70296.jpg

何だか懐かしさを覚えます。


a0235705_8275066.jpg

身近にあるものの観察眼が鋭い。


a0235705_702592.jpg

精神を病んでも、彼女の創造世界は生き生きとしています。


a0235705_774737.jpg

マチス風のものもあります。


a0235705_716446.jpg

お見舞いの品々も題材になりました。


智恵子は、この紙絵を光太郎にしか見せなかったそうです。愛する人にだけ見せたい宝物。 この紙絵を見ると、穏やかな中にも深い愛情と激しい創造への情念を感じずにはいられません。
それと同時に、自分が画家であるがゆえに、希有な芸術家を夫に持ってしまった人間の苦悩が垣間見えるようです。この本には光太郎の手記や詩を始め、智恵子自身の文章、智恵子の闘病に付き添った姪の談話など、読みごたえのある資料が沢山載っています。智恵子を知らなくても、このレトロ感たっぷりの紙絵には、今でも私達を惹きつける魅力があるのではないでしょうか。

「智恵子紙絵」 愛蔵版  ちくま書房
[PR]
by mizutama_report | 2011-09-19 08:21 | お気に入り | Comments(0)