みずたまの伝言

クリスマスの紙もの2種 kawaii

先週のフリマで見つけた切手です。ベンダーさんの1ドル箱の中をごそごそかき回していたら、出てきたのがコレ。最初はあら、切手だわ、可愛い!と思って買ったのですが、何セント切手なのか書いてないので、プレゼントに付けるシールかしら、と思っていました。帰ってから良く調べてみたら、やっぱり1955年のクリスマス切手だということが分かりました。もう60年近く前の切手ですが、レトロで可愛いですね~。
a0235705_23543589.jpg

その日、とても湿気があって、少しくっついてしまってました(T_T) 残念だわ~。そして今アップして良く見たら、上の余白にスローガンみたいなものが書いてあったんですね。これってこの年のクリスマスは結核撲滅キャンペーンを行ったのかもしれません。「すべての家から結核がなくならないかぎり、自分の家が安全とはいえない」みたいなことが書いてありました。その当時は結核がまだまだ重篤な病だったのでしょうね。
a0235705_1274345.jpg

そして、男の子が片手に持っているのは、ヤドリギ。そういえば、クリスマスオーナメントで、柊ではない白い実をつけたグリーンを良く見かけますが、それなんですね。クリスマスの飾りのヤドリギの下にいる女の子にはキスしてもいいという習慣があるそうですよ。知らなかった~~。
a0235705_1274688.jpg

クリスマスって、日本でも子供の頃からお祝いして、身近にあったけど、いろいろ知らないことも沢山あるのね。勉強になりました~✿

******************************

これはちょっと前にスリフトで見つけた紙のコースター。このパターンもクリスマスのリースかもしれませんね。紅茶の缶そっくりのこの入れ物も可愛い。
a0235705_1284049.jpg

Interpur社製。Interpurってスプーンやフォークを持っているけど、こんなものも売っているのね。あ、そうか、これもダイニング用品といえばそうだよね。
a0235705_1283754.jpg

こういうのって、使わないかもしれないけど、持っているだけでちょっと幸せ~❤

************************
追記09102012: このクリスマススタンプ、気になってもっと調べてみたら、やっぱり切手ではないようです。調べると切手と書いてあるもの、シールと書いてあるもの、いろいろ出てくるんですが、正解はクリスマス・シールというものです。昔、結核キャンペーンの資金集めに慈善事業として郵便局でこのシールを何セントかで売っていたそうです。買った人はクリスマスカードの封筒にこのシールと切手を一緒に付けて出していました。別名はシンデレラ・スタンプですって。これもロマンチック~。現在はAmerican Lung Association(米国肺協会)が引き継いで、今でも毎年クリスマス・シールを出しているそうです。これもコレクタブルのひとつになっているらしいです✿ 切手なんて言っちゃってすみませんでした~<(_ _)>


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2012-09-09 12:33 | コレクタブルー紙類