人気ブログランキング |

みずたまの伝言

ご当地グラス・バイキングのお姉さんとハワイ

最近お気に入りのご当地グラスです。
a0235705_1559966.jpg

一つはハワイのグラス。どこかのレストランのバーで使われていたのかもしれませんね。勢いのいいデザインと大胆なコピーがツボです。ハワイ、行きたいな~。
a0235705_15593273.jpg

裏側はマイタイのレシピがプリントされています。
a0235705_155948100.jpg

こちらは北欧式食べ放題スモーガスボードのチェーン店「Sweden House」のグラス。フロリダ、ジョージア、イリノイに店舗があり、60年~70年代にとても繁盛していましたが、今では残念ながら全て閉店している模様。
a0235705_1607100.jpg

裏にはセクシーなバイキングのお姉ちゃんが。こういうイラストってそれっぽくて、堪りませんわ。ブルーのほかに黄色バージョンもあるようです。
a0235705_1602475.jpg

60年代のSweden Houseポストカード。ウエイトレスさんの衣装がいかにもです。その当時にタイムスリップして行ってみたかったわ。
a0235705_1605078.jpg

結構厚手でしっかりしたグラスです。容量もかなり入るのが気に入っています。ファイヤーキングのDハンドルよりももっと大きいですね。
a0235705_1611585.jpg

ハワイグラスの底にはリビー製を示す「L」の文字が。Sweden Houseのグラスも大きさや厚さは同じ。底の形が若干違うのですが、2つともリビーだったらちょっと嬉しいな。
a0235705_1612974.jpg

ところで、日本では食べ放題のことをバイキングと言いますよね。こちらではバフェ、またはAll you can eatなどと呼びますが、バイキングというのを聞いたことがないのでちょっと調べてみました。

"バイキングという呼称について: 1957年(昭和32年)、当時の帝国ホテル支配人の犬丸徹三が、旅先のデンマークで見たスモーガスボードにヒントを得て帝国ホテルに食べ放題の新レストランを計画。しかし、「スモーガスボード」が非常に言いにくく馴染みが無いものだったため、「北欧と言えばバイキング」という発想と、当時帝国ホテル脇で上映されていた『バイキング』(1958年)という映画の中の豪快な食事シーンが印象的だったことから、これを「バイキング」と名付けた。このレストランは非常に人気を呼び、バイキングは食べ放題方式の代名詞となった。したがってバイキングは完全な和製英語であり日本以外では殆ど使われていない表現である。”
ふむふむ、日本でしか使われていない呼び方だったんですね。


あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
by mizutama_report | 2013-11-23 16:35 | その他のコレクタブル