みずたまの伝言

く、くやしい。痛恨の・・・

クリスマスも間近になり、人の心も浮き足立っている今日この頃。わたくし水玉はよく行くスリフトでとーっても悔しい思いをしました。まあ、聞いてやってください。あ、今日はあまり写真もなく、文字ばっかりになりそうなので、お時間のない方はスルーしてね。

昨日のことです。いつもあまりセールをしないスリフトが、50%オフになるとのことで、行ってきました。

店に入ると、北欧Arabiaのアネモネのピッチャーとティーカップとシュガーポットを発見!中々手がでないブランドなので、やったーと思い、値札を見ると、あれ?3つで49.99ドルもしてる!まあ、普通でも高いものだからなのかな?と思ってよく値札を見ると116ピースで、と書いてある!ええー(@_@)116個もあってこのお値段!それも半額だから25ドルってことですよ!

あとの113個はどこー!と探すが見つからず、そばの店員さんに聞くと、「そういえば、誰かがもうカートに入れて持って行ったわよ。レジのところで聞いてみたら?値札がついたものはあなたが持っているんでしょ?なa0235705_8341579.jpgら、値札がないものは売らないポリシーだから、絶対売れてないはず」
(この店では、値札がない商品はレジに持って行っても売ってくれない決まりです。また、セットものを売るときはそのセットの中の一点だけに値札を付けていて、その値札付きの商品がない限り、セットものでも売ってはいけないわけです。そして私はその切り札である値札付き1点をゲットしたというわけ・・なんだかトランプみたいね)
そこで、レジに行ってみると、カート2個にごっそり入ったアネモネをレジ裏で発見!!多分フルセットが2セット分くらいだよね。蓋付きキャセロールなんて、2個も入ってた!

それを持ってきた客はどこかまだ買い物中とかでいなくて、マネージャーらしき人に、「私が持っているピッチャーに値札が付いていて、それには116ピースと書いてあるけれど、このカートのものだと思う。お宅のストアポリシーでは値札のないものは売らないとのことだから、この持ってきた人に値札なしで売るのはおかしいんじゃないか。これは値札を持っている私に買う権利があるばず」と言ったら、「いやそんなことはどうでもいい、君のピッチャーもこのカートに入れなさい」というのです。「えー、何で?ピッチャーまでそこに入れたら、私が持ってきた証拠がなくなるじゃないのー」と言うものの「いや、セットだから。。」などと納得のいかないことを言われ、押し問答になった挙句、やっぱりカートに持ってきた3点を入れさせられて「なら、15分待ってもその人が来なかったら君に売るよ」ということに一応落ち着いたのです。でも待つこと5分で、そのお客である年配の婦人が来てしまい、値札を持っているのは私!と主張したんだけど、「あなた、嘘ついてるんでしょ。最初からピッチャーはここにあったわよ。」みたいなことまで言われ、それでも食いついたら「あー、もういいでしょ。もういい加減終わりにして頂戴!That's it!」と追い払われちゃったんです!

もう床に倒れそうになったー!それゲットしていたら、凄いお宝だったはず。e-bayなどで2000ドルは軽くしたはず。2000ドルのものが半額セールで25ドル!きょえー。そのおばさんだって、絶対離すもんかと思ったでしょうね。値札がないっていうのは気づいていたはずだから、私に言った言葉はそれこそ嘘。く、くやしい~!ストアポリシーを守る側のマネがどうでもいい、って態度だったので、もうなすすべがなかったわけでした。(これまで値札がついてなくて、私は何回も買えないことがあったのになあ)、本当、いい加減。

はあ~。どっと疲れた。悔しいし、怒りというより敗北感でした!!だけどこれはね、マネのハンドリングが悪すぎなんだと思う。値札がない大量ピースを持つ女、値札付きのピース3個を持つ女、その人たちがほぼ同時にレジに来たらどうするのか?マネの力量が問われる場面なわけだけれど、お粗末でしたね。まあ、英語交渉力で私が負けたということですよ。後で思えば、双方にとっていい解決法はやっぱり半分こ、ってことだったんじゃないかなあ。それもうまいことフルセットが2つという状況だったんだから、それぞれ58ピースずつにすれば、恨みっこなしだったのになあ、って思うわ。でももういいわ。きっぱり忘れる!

こんなことがあった後には、きっととても良いこと❤が待っている気がするのさ。
(この忙しい時に、長文にお付き合い頂き、ありがとうね~) 写真はそのアネモネ。イーベイからお借りしました。

あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-12-13 09:42 | 思うこと