みずたまの伝言

Zabar'sの激甘シュトーレンとビンテージエプロン

先日記事にしましたが、男子2人のお土産ショッピングに付き合って、老舗デリZabar's(ゼイバーズ)に行きました。そこでゼイバーズ製シュトーレンを発見。これは買わない手はないと思い、購入してみました。器は以前にもご紹介したJapan製のスナックセット。赤い縁取りがクリスマスにピッタリですね。
ワクワクしながら、食べてみたのですが、ふわっとバターの香りがして、お、なかなか良さそうと思った瞬間、あ、甘い!脳天を甘さが突き抜けました。激甘と言ってもいいくらい甘かったです。外側には粉砂糖とは別に粗めの砂糖がびっしりと張り付いており、それだけでも相当甘いのですが、中は中でマジパンの緩いような、濃厚なプラリネ状のものが入っていてそれがまた甘い。さすがに甘党の私でも、頭が痛くなってきて、ギブアップでした(-_-メ) うーん、美味しいシュトーレンをこちらで見つけるのはパネトーネより難しい気がします。この「美味しい」、または「甘い」という基準がアメリカは幅広ーいのですね、きっと。アメリカの甘さには既に舌が慣れていると思っていましたが、まだまだですね、私。っていうか、完全に慣れてしまっていいものだろうかという懸念もチラッと脳裏をかすめましたですよ。
a0235705_103761.jpg

脇に置いたのはヴィンテージのエプロン。Vinエプロンの中でもクリスマス柄のものは種類が多く、比較的見つけやすいです。クリスマスには、普段エプロンをしない人でも、みなさんエプロンをされていたのでしょうかね。沢山お料理をするから?とも思いましたが、それなら、サンクスギビング柄エプロンも当然山のようにあってもいいと思うのですが、そちらは少ないような気がします。きっとクリスマスのほうが人々が好むような華やかなデザインが作れるからかもしれませんね。
a0235705_10371823.jpg

華やかだし、可愛い柄が多いので、見つけるとついつい買ってしまいます。これもスノーマンのカップルでしょうか。微笑ましいイラストですね。
a0235705_10373374.jpg

シュトーレンは今年は諦めて、来年に賭けようかな。

あなたの↓クリックが私のやる気の源です★応援ありがとう~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by mizutama_report | 2013-12-28 11:25 | コレクタブルー布類